2010年11月アーカイブ

今年の米・食味分析鑑定コンクールの結果が発表されました。

各地から応募されたお米の中から今年の金賞・特別優秀賞がそれぞれのカテゴリーで選ばれました。

環境王国のお米からも、

群馬県川場村産コシヒカリ・雪ほたか

福島県天栄村産コシヒカリ・天栄米

が総合部門での金賞に選ばれました。

環境王国部門では

宮城県七ヶ宿町産・たきたて

山形県真室川町産・ひとめぼれ

が金賞に。

高知県本山町産が特別優秀賞に選ばれました。

1121_04.jpg

山形県真室川町のひとめぼれ が金賞に

 

1121_07.jpg1121_08.jpg1121_09.jpg

 

 今年、新しく環境王国に認定された市町村に対して、環境王国認定証が授与されました。

 

1121_05.jpg

 

 まずは、島根県の奥出雲町

仁多米という美味しいお米を作っている町です。

環境王国市場でも近日販売開始の予定です。

 

1121_06.jpg

つづいても、同じく島根県の吉賀町

ここは町ぐるみで有機農業に取り組んでいます。

安全・安心なお米や野菜をたくさん栽培されています。

環境王国市場にも美味しくて安全・安心な作物が並ぶのが楽しみです。

コンクールの二日目のプログラムが始まりました。

1121_01.jpg

兵庫県豊岡市の取組み「コウノトリを育む米づくり」をテーマに兵庫県豊岡市のコウノトリ共生課の方が

プレゼンテーションをされました。

豊岡市のお米は「生きものを増やす」という明確な意思で作られているらしい

コウノトリも住める環境を。農薬、化学肥料の削減が重要とのこと。雑草は水管理で対処しているそうです。

豊岡市は非常に美しい町です。美味しいものも沢山あります。環境王国に加盟していただければ嬉しいのだけれど。

 

1121_02.jpg

続いては、環境王国サミット。

環境王国に認定されている各市町村の首長の方々からのプレゼンテーション。

環境をいかに守っていくかや、環境王国としての活動の報告がなされました。

 

1121_03.jpg

別会場では小学生達による、お米鑑定団が開催されていました。

子ども達がお米を食べ比べて鑑定しようというイベントです。

子どもの舌の方が素直で正直かも・・・。

11月20日・21日の2日間、島根県松江市で第12回米・食味分析鑑定コンクール国際大会が開催されました。

環境王国のお米も出品されているので、PRも兼ねて参加してきました。

1120_01.jpg

食味鑑定士の方々による審査が行われる会場です。

準備が整っています。

 

1120_02.jpg

今年も各地から2800以上のお米がエントリーされました。

その中から、食味計での審査を経て本選にノミネートされたお米が審査されます。

 

1120_03.jpg

環境王国のPRコーナーです。

現在10市町村が認定されていますが、さらに認定を拡大していく予定です。

 

1120_04.jpg

盛大に開会式が始まりました。

この日はお米作りの名人「名稲会」のメンバーの講演会などが開催されました。

参加されている方々は、名人の米作りに対する思いや、技術に聞き入っておられました。

ハッピー&エコビー4コマ連載中

このアーカイブについて

このページには、2010年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年9月です。

次のアーカイブは2010年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.25