• 環境王国市場
  • 環境王国.jpスタッフブログ
  • 環境王国認定基準
  • 環境王国認定一覧
  • 環境王国で働きたい
  • 環境王国に行ってみたい
  • 環境王国に住みたい
  • お役立ち情報

鳥取県江府町

ブログ

ほ場巡回に行ってきました! ~奥大山プレミアム特別栽培米研究会~

 

noda danbo.JPG

田植えが終わって、ハイ!!収穫!!

 

・・・とはいかないのが水稲です。

 

水稲は天候に大きく左右される作物の一つです。

 

田植え後の稲の状態を随時チェックすることで

その時々の生育状況を把握し、毎年美味しいお米ができるように

栽培技術の蓄積を行っています。

  

 

『奥大山プレミアム特別栽培米研究会』では

田植え後に複数回、試験ほ場を巡回し稲の生育調査を行っております。

 

 junkai1.JPG

             【田んぼの中に入って、稲の長さを計測中・・・】

 

調査実施日はあいにくの小雨模様となりましたが、

この時期の雨こそが夏場の暑さにも負けない強い水稲を育てます。

 主な調査項目は以下の通り。

 

★草丈・・・稲の身長測定です。

★1株茎数・・・1株中に何本の茎があるのかを調べます。

★栽植密度・・・どのくらい密植しているかを調べます。

★SPAD(葉色)・・・葉の中のクロロフィル(葉緑素)量を調べます。

 

これらの項目は単に生育状況の把握だけではなく、中干しや穂肥の時期のタイミングを計るため調査でもあります。

 

こういった日々のデータの積み重ねが、美味しいお米への第一歩となっています。

 

 

 ここでちょっと余談・・・

 

kaeru.JPG

ほ場巡回中にかわいいアマガエルを発見!!

 

田んぼの畔に立てられていたポールの穴に

ちょこっと乗っかる姿は何とも趣深いですねー。

 

 

kaeru2.JPG

・・・ 後ろ姿も哀愁が漂っております (笑)

 

 

kaeru3.JPG

 

田んぼってお米を育てるだけではなくて

こういったカエルやアメンボ、そしてタガメやゲンゴロウなど

様々な生き物の住処でもあるんです。

さらにこのカエルなどをヘビ、タヌキが捕食し、ヘビをタカが捕食し・・・

といったように、田んぼというのはまさに食物連鎖の舞台になっています。

 

豊かな自然を育むのは、生き物たちの活動と人間との共同作業です。

こんな原風景を5年・10年・20年と後世に伝えていくことが、今の私たちの使命なのかもしれませんね。

環境王国
フードアクションニッポン