• 環境王国市場
  • 環境王国.jpスタッフブログ
  • 環境王国認定基準
  • 環境王国認定一覧
  • 環境王国で働きたい
  • 環境王国に行ってみたい
  • 環境王国に住みたい
  • お役立ち情報

石川県小松市

環境への取り組み

木場潟ヨシ刈りボランティア

小松市木場潟北園地のヨシの刈り取りを行っています。ヨシは、2m~6mの高さになるイネ科の植物で、多くの動物の棲みかになるだけでなく、水質浄化の機能を持っています。このヨシを保全するためには、適度に刈り取りを行い、新しい芽の成長を促す必要があります。 ヨシ刈りイベントは、周辺町内会や地元の高校生、小松自衛隊他のみなさんにご参加いただき約300人で毎年開催しています。
●事業主体:こまつ環境パートナーシップ、木場潟再生プロジェクト

有機農業の推進
有機農業の推進

農業関係

小松市では、小学校やPTA、老人会、婦人会など、地域全体で花植えや農地・用水の保全活動、田んぼの学校などの活動を行い、農業・農村の役割や魅力を理解し、次世代へ残していく取り組みをしています。  また、農業者の皆さんは、中山間地域を中心として、農薬や肥料を必要最小限の使用に控え、蛍が生息できる「蛍の里づくり」など自然環境への影響が少ない農業を行っています。動植物の生息場所である田んぼでは、農薬を減らす合鴨農法、用水では魚道の確保や多自然型水路など、生態系に配慮した農業に取り組んでいます。

 

田んぼの生き物調査
田んぼの生き物調査

ホタル観察会

ホタルのみを観察するのではなく、環境の変化に敏感といわれるホタルの生態を学ぶことで、自分たちの住んでいる環境や生活スタイルを見つめ直し、自然を保護することの重要性を再確認する親子参加型のイベントとして毎年開催しています。
●事業主体:こまつ環境パートナーシップ

スターウォッチング

普段街中で見ることができない、見えてもはっきりと見えない星を山の中で観察することによって、大気のきれいさの重要性を勉強する親子参加型イベントとして毎年開催しています。当イベントでは、光害の防止、大気の保全に係る普及啓発の重要な機会であるのみならず、自然を知り、環境に親しみ、広く環境保全意識の醸成を図る環境教育の機会です。また、夜空の明るさなど科学的な知見の蓄積・活用を図る重要なものとなっています。
●事業主体:こまつ環境パートナーシップ

木場潟環境フォーラム

木場潟流域町内会を中心に、木場潟の水質浄化や生物多様性の保全活動を啓発するイベントとして毎年行っております。フォーラムでは木場潟の水質浄化に寄与してきた団体等に対する功労者表彰や小学生による環境学習発表、専門家による講演等を行い、木場潟と共に過ごす1日として盛況を博しております。
●事業主体:木場潟環境整備促進期成同盟会

木質バイオマスの導入

こまつ水辺クリーンデー

小松市内の梯川水系(木場潟、前川、梯川、八丁川、鍋谷川)を一斉に清掃する「こまつ水辺クリーンデー」は、住民や児童生徒、地元企業のボランティアの参加によって毎年行っているイベントです。市民が親しめる水辺空間・水郷のまちこまつをめざすと共に、市民の環境への意識を高めることを目的としています。
●事業主体:木場潟を美しくする会(木場潟)、向本折校下連合町内会(前川)、梯川協議会(梯川)、犬丸・荒屋校下連合町内会(八丁川)、国府・能美校下連合町内会(鍋谷川)

EM菌を活用した河川浄化活動

山菜検定

「山菜」という地域資源を通じて、里山に親しんでもらう地域活性化のための取り組みとして、平成24年から「環境王国こまつ山菜検定」を実施しています。初級・中級は、山菜の写真を見て名前を答える筆記試験を行い、上級では筆記試験に加え、料理に使われている山菜を食べて当てる実食審査を行います。上級試験に合格すると山菜達人の称号が与えられます。平成27年には、石川県知事から「いしかわエコデザイン賞2015 銀賞」をいただきました。
●事業主体:環境王国こまつ推進本部

木質バイオマスの導入
環境王国
フードアクションニッポン