• 環境王国市場
  • 環境王国.jpスタッフブログ
  • 環境王国認定基準
  • 環境王国認定一覧
  • 環境王国で働きたい
  • 環境王国に行ってみたい
  • 環境王国に住みたい
  • お役立ち情報

石川県小松市

特産・名産品

小松とまと

写真小松市は昭和30年代から続くトマトの産地で、北陸三県一の生産量を誇ります。 春から秋にかけて、たっぷりと太陽の恵みを受け丹精込めて育てられた小松とまとは、果肉が柔らかく、程よい酸味が特徴。 主な品種は桃太郎はるか、りんか409などで、日照の多い3月から10月を中心に年2回栽培されています。

小松うどん

写真小松と言えば真っ先に挙げられるのが小松うどん。江戸時代から300年以上の時と歴史を重ね、俳聖 松尾芭蕉も食し称賛したとされています。小松うどんは、霊峰白山の伏流水が細く程良いコシのある麺と、透明感のあるだしをつくり、"麺とだし"が互いに引き立て合いながら、あうんの呼吸でその美味しさを醸し出しています。平成22年の小松市制70周年を機に、小松うどん定義八か条を定め、小松うどんで地域ブランド化の取り組みがスタートし、加盟店も市内外で続々と増えています。定番から小松の"じわもん"の具材を使った様々なバリエーションの各店オリジナルまで今では様々な小松うどんを味わうことができます。

塩やきそば

写真小松市にある中華料理屋「清ちゃん」の店主は、小松にはない美味しい料理を求めて、中国各地、日本全土を旅して回ったそうです。そうして出逢ったのが「チャーメン」という中国の炒めそば。店主は作り方を教わり、チャーメンを元にさらなる美味しさを追求して、「塩焼きそば」が誕生。今では、小松名物のひとつとして広く親しまれています。

えちゃけな

写真名称の「えちゃけな」とは石川県の方言で「かわいらしい、愛らしい」という意味です。「えちゃけな」は化学肥料を一切使わず、有機肥料を5種類以上使い、追肥や乾燥などすべて別工程を施しています。まるでわが子を愛でるように育てあげた数量限定のお米です。パッケージには勧進帳の弁慶が描かれており、小松市民に親しみやすいデザインとなっています。

トマトカレー

写真小松産のトマトを使ったトマトカレーです。 トマトの程良い酸味と、カレー本来のスパイシーな辛さのバランスが絶妙な味わいです。

大麦バウム

写真石川県出身でテレビや雑誌でもおなじみの辻口博啓さんが監修した「大麦バウム」は小松産の小松で育まれた六条大麦を生地にピューレ状にして練りこんだバウムクーヘンです。一層一層丁寧に焼き上げ、しっとりと柔らかな食感が楽しめる人気商品となっています。ふんわり感としっとり感が両方楽しめるスイーツです。

環境王国
フードアクションニッポン